公明党大阪府議会議員団 労働局局長代理

やましたニュース NO. 1

皆様におかれましては、良き新春を迎えられたことと心からお喜び申し上げます。

昨年は、皆様の力強いご支援を賜り、大勝利をさせていただくことが出来ました。

心から感謝申し上げます。現在、大阪府においても、南海トラフ巨大地震対策・中小企業対策・教育制度改革等々、様々な課題解決に向け、対策を講じているところです。

本年11月17日には公明党結党50周年を迎えます。
「大衆と共に」との立党精神を胸に「安全・安心・元気な大阪」の構築目指し、全力で働いて参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

会派を代表して「討論」を行いました

昨年12月16日、9月定例府議会・閉会日において、議案の採決に当たり、会派を代表して見解を述べました。
特に、泉北高速鉄道とトラックターミナルを運営するOTK(株)株式売払いの件については、「事業の公共性や継続性について、十分確保することに無理がある」との理由で、反対を表明しました。また、部長公募制度については、見直しをすべきと述べ、知事の任命責任も指摘しました。

 

 

「歩行者専用信号機」で安心の交差点へ!

 

小・中学校の通学路にもなっている、東大阪市長堂の府道24号の交差点「長栄寺中」に、車と児童・生徒との接触事故の発生を心配した地元からの要望を受け、昨年10月、「歩行者専用信号機」が設置されました。
「安心して渡れるようになった!」と周辺住民の方々に喜んでいただいております。